1. ホーム
  2. 脱毛後のケア
  3. ≫医療レーザー脱毛後にお風呂・温泉・岩盤浴はダメ?いつからなら入れるか

医療レーザー脱毛後にお風呂・温泉・岩盤浴はダメ?いつからなら入れるか

医療レーザー脱毛を終えて帰宅したらまず、あなたは一日の疲れや汗を流すためにお風呂に入りたいと思うかもしれません。

思うかもしれませんがしかし、脱毛後のお風呂はお肌に大きなダメージを与えてしまう可能性が高いのでご注意ください!

そして今回は、医療レーザー脱毛後にお風呂や温泉がNGな理由と、いつならお風呂に入ることができるのか調べてみました。

医療レーザー脱毛後はお風呂・温泉・岩盤浴はNGな理由とは?

結論からお伝えすると、以下の2つの理由からお風呂や温泉、岩盤浴はNGとなります。

  • 肌へのダメージが大きい
  • 衛生面

その理由の前に、まずは脱毛後の肌はどのような状態なのかを知る必要があります。

脱毛後の肌は、レーザーで照射された熱がまだ残っている状態で、これは日焼けした肌と同じ状態になります。

脱毛レーザーは毛に熱を加え、その熱で毛根を破壊する脱毛方法ですので、見た目は特に異常がなくても、肌には想像以上のダメージが加わっている状態です。

そんなデリケートな状態で熱い湯船に浸かってしまうと、レーザーでほてっている肌が炎症を起こしたり、化膿しまう可能性が高くなります。

また、お風呂の湯船は一見清潔そうに見えても、ほとんどの湯船の中には雑菌が潜んでいます。

お風呂のお湯を毎回入れ替えていても、必ず雑菌はいるもので、これがお風呂の水を数日間変えず、追い焚きしてお風呂に入っている場合は、かなりの数の雑菌が繁殖しています。

万が一、雑菌が繁殖しているお風呂の中に、ダメージを負った肌をつけてしまうと、毛穴から雑菌が入り込み、化膿してしまうことがあります。

これは温泉や岩盤浴なども同じで、これらの施設は不特定多数の方が利用するため、衛生面を考慮すると、おすすめできません。

肌へのダメージと衛生面、これら2つの理由から、脱毛後のお風呂や温泉、岩盤浴はNGとなっていますので、ご注意ください。

では次に、お風呂や温泉がダメなら、シャワーを浴びるのはセーフ?ということについてお答えしていきます。

汗かいたから臭くなるし…。シャワーのみなら大丈夫?

結論からお伝えすると、シャワーについてはクリニックにより意見が分かれ、シャワーのみならOKとしているクリニックもあるのですが、注意したいのがその水の温度です。

シャワーを浴びてもいいとされていてもやはり、普段通りの熱いシャワーは厳禁で、水かぬるめの温度であれば大丈夫としているクリニックが多いです。

また、汗をかいてしまってボディソープなどで身体を洗いたい時には、タオルなどでゴシゴシこすらず、手のひらで泡だててから、なるべく優しく、なでるように肌を洗ってあげてください。

そうすることで、肌へのダメージを最小限にすることができます。

ちなみに、汗をかいていない場合には、シャワーで流すだけでもすっきりします。

また、シャワーの後に患部が少しヒリヒリしたりする場合は、炎症を抑える軟膏などを塗っておくと痛みが早く引きます。(クリニックによっては軟膏ももらえます)

そして忘れてはいけないのが保湿になります。

脱毛後の肌は水分が失われている状態ですので、シャワー後、お肌の保湿は普段よりも入念に行い、十分に水分を補っておいてください。

ここまで、脱毛後は普段通りの熱いお風呂やシャワーはNGで、それは肌へのダメージや衛生面を考慮してのことだということはわかりましたが、では、いったいいつになったら普段通りにお風呂に入れるのでしょうか?

レーザー脱毛後、いつからならお風呂や温泉に入れる?

多くの脱毛サロンや医療脱毛では、翌日からお風呂に入ることができると説明を受けるかもしれませんが、これについても脱毛サロンやクリニックによって意見が分かれるところなので、脱毛した際にスタッフの方に必ず確認しておいてください。

また、翌日からお風呂に入ってもいいと言われても、あなたの肌の状態によっては、入浴を避けた方がいい場合もあります。

それは、翌日になっても肌の赤みが引いていない場合や、ヒリヒリとした感じが残っている場合で、そのような状態で入浴してしまうとやはり、炎症を起こす原因となってしまいます。

また、温泉や岩盤浴などは、多くの人が利用するため、衛生面を考えて、一週間程度あなたの肌の様子をみてから行くのがおすすめです。

それまではシャワーを短めの時間浴びるなど、できるだけ肌にダメージを与えることのの内容に過ごしてください。

脱毛後にもしお風呂や温泉に入ってしまったら…

お風呂は毎日の習慣なので、脱毛したのを忘れてうっかり入浴してしまうこともあるかもしれません。

そのような時は、それに気づいた時点ですぐにお風呂から出るようにし、その後は脱毛した箇所をよく冷して肌の熱を下げてあげる必要があります。

そして、十分に冷やした後は、保湿を行って肌のケアをしてあげてください。

これらの処置を行って翌日以降、肌に問題がなければ大丈夫ですが、化膿していたり炎症が悪化した場合は、すぐに脱毛したクリニックに相談するか、もしくは皮膚科を受診することをおすすめします。

その他の脱毛後に気をつけるべきこととは?

脱毛後は基本的に身体の温度を上げる行為が禁止になります。

その代表となるのが、運動やプールや海での日焼けです。

運動や日焼けをすることにより、身体の温度が上がって、肌のほてりを長引かせてしまいます。

そしてさらに、運動などでかいた汗とともに雑菌も毛穴に侵入してしまう可能性が非常に高く、雑菌が侵入すると肌が炎症を起こしてしまいます。

また、これに関連して飲酒(アルコール)も血行を良くし、汗をかきやすくするためNGとなります。

そして、汗をかくという点では熱い食べ物や、辛い食べ物なども控えておいたほうがいいでしょう。

ここまでは、脱毛後の肌へダメージを与える行為をお伝えしてきましたが、その他の気を付けておきたい点について触れていきます。

まずは肌の保湿についてです。

保湿については少し触れていますが、脱毛後の肌は水分を失っている状態です。

その水分を補ってあげるためにも保湿には十分注意して、こまめに化粧水などを塗って潤いを保ってあげてください。

そうすることで、失った水分を補うことができるほか、潤いのある肌は痛みに対しても強くなるので、レーザーの照射パワーを上げて、脱毛効果を高めることができます。

そして、脱毛後に生えてきたムダ毛の処理に毛抜きを使用しないでください。

医療脱毛は、毛が生え変わる周期に合わせて施術を行っているため、毛を抜いてしまうことで、次回の脱毛効果が十分に得られなくなってしまう可能性があります。

どうしてもムダ毛を処理したい場合には、電動カミソリなどを使用して自己処理をすることをおすすめします。

まとめ

今回は、脱毛後にお風呂や温泉、岩盤浴はNGなのか?またその理由についてみてきました。

忘れてはならないポイントとしては、脱毛後の肌はほってった状態で、これはちょうど日焼けと一緒の状態になっているということでした。

そして、そんな状態の肌に対して熱いお風呂に浸かって肌の温度を上げてしまうと、ほてった肌の温度を下げることができず、さらに炎症を悪化させてしまい、最悪の場合、化膿してしまうこともあります。

また、衛生面の視点からもお風呂や温泉はおすすめできません。

というのも、お風呂自体にも雑菌が多くおり、これは不特定多数の方が利用する温泉や岩盤浴といった施設にも同じことが言えます。

そして、お風呂や温泉を利用することによって、その雑菌が毛穴から入ってくるので、あなたの肌が化膿してしまう可能性があります。

さらには、お風呂や温泉、岩盤浴で汗をかくことによっても、雑菌が毛穴から侵入してしまうため、肌にダメージを与えてしまいます。

脱毛後の肌はデリケートなため、体温を上げず、できるだけ汗をかかないように過ごさなければいけないので、運動、日焼け、飲酒、熱いもの、辛い物を食べるといった行為も避けてください。

口コミを投稿する

この記事へのコメントはありません。

投稿する

全身脱毛ならココが安い