1. ホーム
  2. 医療脱毛
  3. ≫【保存版】シェービング無料になる脱毛サロン・医療脱毛とその適用条件一覧

【保存版】シェービング無料になる脱毛サロン・医療脱毛とその適用条件一覧

脱毛を受ける際に、ムダ毛を自己処理する必要がありますが、

  • 不器用だから上手く剃れない
  • 剃るのに時間がかかる
  • 見えない部分のシェービングでケガしないか心配

などなど、手間がかかったり剃り残しが出てしまったりすることもあります。

また、シェービング代金が追加でかかる脱毛サロンや医療脱毛は意外と多いのが現状となっており、脱毛の契約時に見落としがあって、追加料金を取られてしまったというケースもあるようです。

そこで今回は、シェービング代が無料になるサロンやクリニックの情報と、その適用条件についてご紹介していきたいと思います。

シェービング代金がかかることが一般的

シェービング代金とは、その名の通り脱毛を行う前に毛を剃ることを指しており、脱毛サロンと医療脱毛クリニックのどちらも、脱毛の前に自己処理として自宅でムダ毛を剃らなければなりません。

そして、脱毛の当日に剃り残しがなければそのまま脱毛を受けることができるのですが、剃り残しがあった場合、その場でスタッフさんに剃ってもらうケースや、場合によっては剃り残しがある箇所の脱毛が受けられないといったケースもあります。

もし万が一剃り残しがあった時、スタッフさんに剃り残しを処理してもらうサービスのことをシェービング代金と言い、多くのサロンやクリニックは、これは追加料金となっています。

ケチくさいなと思われるかもしれませんが、機械を使って脱毛をするには時間ががかりますし、次の予約の方の時間もあり、待たせるわけにはいかないという理由から、どうしても追加料金となってしまうようです。

脱毛を受けるにはまとまったお金が必要ですし、交通費やあなたの大切な時間もかかるので、できればシェービング代金(追加料金)はかけたくないものです。

シェービング代金はかけたくないのですが、時間がなかったり、なかなか上手く剃ることができないといった場合や、目の届かない部分をご自身で剃るのはケガの恐れもあります。

特に全身脱毛となると、全身の毛を剃らなければならないので、それなりの時間がかかったり、刃物によってお肌を傷つけてしまう危険性もあります。

そんな時に安心なのが、シェービング代金が無料のサロンやクリニックです。

シェービング無料のところだと、剃り残しがあった場合や、見えずらい箇所の剃毛をスタッフさんが行ってくれるので安心です。

ではまず、シェービング代金が無料になる脱毛サロンの情報についてみていきたいと思います。

シェービング無料でやってくれる脱毛サロンと適用条件

シェービング代金が無料になる脱毛サロンについて調べてみました。

サロンの中には、無料になるための適用条件を設けているところもあるので、そちらも合わせて表にしてあります。

サロン名 シェービング 代金 適用条件 その他
ミュゼプラチナム

公式HP

一部無料 うなじ、背中、Oラインのみ これら以外の部位をシェービングしないで行くと、その部分の施術はしてくれない
キレイモ

公式HP

無料 全身脱毛回数コースのみ シェーバーはキレイモで用意してくれる

月額コース(9500円)はシェービング代金が有料(1回1000円)

 銀座カラー

公式HP

一部無料 プレミアムファストパスのみが無料 キャンペーンコースは有料(1回3000円)

電気シェーバーは持参する必要あり

シースリー

公式HP

剃り残し部分は無料 シェーバー持参
ディオーネ

公式HP

無料

大手を中心として、シェービング代金が無料のところがありましたが、その適用条件が設けられていたり、シェーバーを持参しなければならないというサロンもあります。

では次に、シェービング代金無料の医療脱毛についてみていきたいと思います。

シェービング無料でやってくれる医療脱毛と適用条件

医療脱毛の中から、シェービング代金が無料のクリニックをご紹介していきたいと思います。

医療脱毛においても脱毛サロンと同様に、適用条件が設けられているところもあるので、併せてご紹介します。

クリニック名 シェービング代金 適用条件
レジーナクリニック

公式HP

無料 対応箇所:背中、ヒップ、Oライン
フェーミークリニック

公式HP

無料 特になし
リゼクリニック

公式HP

無料 特になし

シェービング代金が無料のクリニックをご紹介しましたが、あくまで自己処理をすることが前提となっているので、剃り残しや、目の届かない箇所のシェービングをお任せすることができるということになります。

シェービング代金が無料だと、手間やけがの心配も少なく安心ですので、意外と見落としがちなポイントですが、シェービング代金もチェックしておいてください。

また、これは脱毛サロンでも医療脱毛クリニックでも言えるのですが、シェービング代金が有料の場合、「1回○○円」や、「1箇所○○円」という表記をされている場合があり、場合によってはシェービング代金が高くなってしまうこともあります。

というのも、例えば1箇所という表記の場合、そのサロンやクリニックによって施術範囲が異なっています。

仮に手の剃り忘れがあった場合、サロンやクリニックによっては手が肘下に含まれている場合と、手だけ単体の場合があります。

こうなると対象範囲がかなり違ってくるので、仮に、細かくパーツを設定されているところで「1箇所○○円」というシェービングの料金設定だと広範囲に渡るの剃り残しの場合、シェービング代金が跳ね上がってしまうので注意してください。

まとめ

今回は、脱毛の追加料金として見落としがちなシェービング代金について、無料の脱毛サロンと医療脱毛をご紹介してきました。

脱毛前のシェービングは、基本的に自身で行うことが前提となっており、どうしても剃りにくい背中やヒップ、Oラインといった箇所に関しては無料もしくは有料でシェービングしてもらえます。

自己処理に自信がなかったり、処理を手伝ってくれる方が身近に居ないという場合は、シェービング代金が無料のサロンやクリニックを選ぶことをおすすめします。

やってみるとわかるのですが、自己処理は時間がかかるし、見えない部分はケガのリスクもあるので、シェービング代金が無料のところを選んでおけば、自己処理にそれほど時間をかけることなく済ませることができます。

そして、くれぐれも勘違いしないでいただきたいのが、シェービング代金が無料だからといって、自己処理を全くしないでサロンやクリニックに行ってもいいというわけではありません。

あくまで自己処理をしていくことが前提となっており、そのうえで剃り残しや、自身では見えない箇所の剃毛のみ対応していただけるというものです。

シェービング代金を無料で行っているサロンやクリニックはそれほど多くはありませんが、自己処理に自信がないという方や、自己処理に時間をかけたくないという方には非常におすすめとなっています。

口コミを投稿する

この記事へのコメントはありません。

投稿する