1. ホーム
  2. 医療脱毛
  3. ≫小学生は医療脱毛を受けられない?【キッズ脱毛可の医療脱毛】を徹底調査!

小学生は医療脱毛を受けられない?【キッズ脱毛可の医療脱毛】を徹底調査!

小学生や、それよりもっと低い年齢から化粧に興味を持ったり、ダイエットをしたりと、美容に関心が高い現代のキッズ世代。

そして最近では、脱毛をしたいという小学生の子どもをお持ちの方もいらっしゃるようです。

その理由として、美容に関心が高いというのはもちろんですが、それ以外にも、ムダ毛が原因で周りにからかわれてしまったり、ムダ毛をカミソリで処理しているが、カミソリ負けをしてしまうといった理由もあるようです。

そこで今回は、小学生やキッズでも施術を行ってくれる医療脱毛クリニックについて調べてみました。

小学生の医療脱毛に関して各店舗の見解は?

キッズの医療脱毛について、大手の医療脱毛クリニックの見解を調べてみました。

そして今回調査したのは、アリシアクリニック、湘南美容外科クリニック、リゼクリニックになります。

まずはアリシアクリニックの見解からみていきたいと思います。

アリシアクリニックでは、未成年の脱毛に関して、HPに次のような記載があります。

未成年の方でも16歳以上であれば下記条件にて脱毛できます。

【親権者さまと同伴にてご来院される場合】
− 当日ご契約ができ、ご契約金額や支払い方法に制限はございません。

【親権者さまと同伴にてご来院できない場合】
− 親権者さまの同意書(親権者さまの自筆での署名・捺印)をお持ちいただき、ご契約となります。

※アリシアクリニックHPより引用


アリシアクリニックの見解としては、「16歳以上」との指定があるように、それ以下のキッズには施術ができないようです。

お次は湘南美容外科クリニック。

湘南美容外科クリニックでは未成年の脱毛に関してHPにこのような記載があります。

未成年のお客様が治療する場合には必ず法定代理人(親権者)の同意が必要な為、カウンセリング当日の法定代理人(親権者)の同伴が必須となります。

(18歳以上でご希望の施術により異なる場合がございますので、事前に必ずお問い合わせ下さい。)

※湘南美容外科クリニックHPより引用


★問い合わせ中

最後はリゼクリニックの見解になります。

基本的には14歳から施術を受けることは可能です。
ただし、思春期を迎える前にレーザー脱毛しても、ホルモンの変化で再び毛が濃くなる可能性があります。成長期のピークを越え、落ち着き始めた高校生になってから受けられることをおすすめします。
また、未成年の方(高校生まで)の場合には、必ず親権者の同意・同伴が必要です。

※リゼクリニックHPより引用


14歳からという具体的な年齢の指定があるので、小学生は施術を受けることができません。

大手3社の医療脱毛クリニックでは、年齢の制限はまちまちでしたが、小学生(14歳以下)に対する施術を行うことができないようです。

その理由としては、医療脱毛の施術をする際の痛みや、火傷のリスク、成長期で毛の生え変わりの周期が安定せず、施術回数が増えてしまうということもあるようです。

そしてこれらの中から、おそらく1番の疑問である、医療脱毛の痛みに子供が耐えられるのか?ということについてみていきたいと思います。

子供はそもそも医療脱毛の痛みに耐えられるのだろうか…?

子どもは大人よりも痛みに対して敏感だということはご存知かと思いますが、果たして、子どもは医療脱毛の痛みに耐えられるのでしょうか?

結論からお伝えすると、医療脱毛はVIOや鼻下などの部位によっては大人でさえも涙目になる程痛いという体験談も多くあるので、その痛みに子供が耐えるのはやや厳しそうです。

子供の皮膚は大人の約3分の1の薄さともいわれるので、痛みを感じやすいのも当然です。

施術時の痛みに関しては、クリニックでテスト照射を受けることができるので、確かめてみてから判断することも可能です。

また、痛み以外に気を付けておきたいのが火傷になります。

キッズは学校の体育や放課後に外で遊ぶなど、日焼けする機会が多く、そのケアも忘れがちになります。

脱毛レーザーは、レーザーが黒色に反応して照射してしまうので、日焼けした肌に脱毛レーザーを照射してしまうと、皮膚にも照射されてしまい、やけどを負ってしまう恐れがあります。

また、もし仮に小学生で施術を受けることができても、痛みに耐えることができず、「医療脱毛をやめたい」と言い出してしまった場合、その費用などはどうなるのでしょうか?

医療脱毛はクーリングオフできません。

結論からお伝えしますと、医療脱毛は医療行為ですので、クーリングオフすることができません。

つまり、子どもが医療脱毛をして、その痛みなどを理由にやめたいと言っても、あなたのお金は返ってこないということです。

通っていない回数分に関して、返金対応してくれるクリニックも一部あるのですが、その他の多くのクリニックは返金対応してないため、子どもの医療脱毛はよくよく考えてから行った方が良さそうです。

では次に、子どもでも医療脱毛を行ってくれるクリニックについて調査してみました。

それでも医療脱毛が良い!キッズ脱毛対応のクリニックは?

医療脱毛クリニックの中から、キッズ脱毛に対応しているクリニックを調べてみました。

そして、結論からお伝えすると、小学生にも確実に施術をしてくれるクリニックはほとんど見つかりませんでした。

また、確実に○歳から可能というクリニックもなく、小学生から施術を受けることができるといっても、やはり痛みが大きくネックになっているので、個人差があるようです。

医療脱毛クリニックによってその年齢に違いはありますが、小学生はやはり難しいようで、年齢にすると14歳前後から医療脱毛の施術を受けることができるようです。

小学生の医療脱毛がむずかしいということが分かったのですが、どうしてもわが子に脱毛をさせてあげたいという場合、小学生が脱毛をすることは可能なのでしょうか?また、別の方法はあるのでしょうか?

次に、小学生でも脱毛できる方法について調べてみました。

小学生なら脱毛サロンが無難。おすすめは3歳から可能なディオーネ

小学生でも施術を行ってくれる医療脱毛クリニックはみつからず、医療脱毛はむずかしいのが現状です。

しかし、小学生が脱毛する方法はあるのでご心配なく!

そして、当サイトがおすすめするのは、脱毛サロンでの脱毛になります。

脱毛サロンであれば医療脱毛よりも痛みは弱く、小学生でも安心して脱毛することが可能です。

そして、当サイトがおすすめする脱毛サロンは、ディオーネになります。

「開始から10年以上一切トラブルなし」という子ども脱毛コースも設置されており、なんと3歳から施術を受けられます。

ディオーネの脱毛は、ハイパースキン脱毛という技術で、痛みもダメージも少ない子どもや、痛みに弱いという方にピッタリの脱毛方法。

ハイパースキン脱毛には4つのメリットがあり、

  1. 36℃〜38℃の温度という低温のため、痛みがほとんどない
  2. 肌トラブルを抱えている方でも施術を受けられる
  3. 脱毛効果だけでなく、美肌効果もある
  4. 産毛までしっかりと脱毛できる

と、ほとんどの方が痛みをほとんど感じることなく施術を受けることができるようになっています。

ハイパースキン脱毛は、医療脱毛で使用されるレーザーと異なり、低温で痛みをほとんど感じることなく施術を受けることが可能です。

医療脱毛レーザーが、今活動している毛根にレーザーを照射して、毛根を焼き切るのに対して、ハイパースキン脱毛は次に生えてくるムダ毛の元に働きかけ、細胞分裂を減らしていくという方法で脱毛を行います。

施術時の痛みもほとんど感じることがないので、アトピーなどの肌トラブルで医療レーザーを受けることができないといった方でも施術を受けることが可能です。

そして、脱毛効果だけではなく、照射する光にはコラーゲンの生成をサポートする効果があるので、肌のハリなどにも効果があります。

さらに、メラニンにも働きかけて、色素沈着なども改善する効果もあるので、脱毛できてお肌の調子も良くなるという、まさに一石二鳥の脱毛方法です。

また、気になる脱毛効果に関しては、ハイパースキン脱毛は医療レーザーと比較すると、産毛の脱毛効果が高くなります。

というのも、医療レーザーは黒いものに反応してレーザーが照射されるため、色が薄い産毛についてはレーザーが照射されづらく、毛根を焼ききれず、残ってしまうことがあります。

その一方で、ハイパースキン脱毛は、照射した部分にあるムダ毛の元に働きかけるため、色が薄い産毛でもしっかりと脱毛されます。

痛みがほとんどなく、肌トラブルがある方でも受けることができるなど、メリットが多いその一方で、ハイパースキン脱毛のデメリットとしては、見た目で効果を実感しにくいことにあります。

というのも、ハイパースキン脱毛は休止期の毛に効果があるため、今生えている毛には特に何も起こりませんので、今生えている毛については、自然と抜け落ちるのを待つ必要があります。

ムダ毛になって生えてくる前の元を徐々に減らしていく脱毛方法ですので、施術を受けてすぐに効果が目に見えて現れるものではないということを踏まえておいてください。

また、施術については3〜4週間に1回、年間で12回ほど通うだけで大丈夫ですのでそこまで多くありません。

そんなハイパースキン脱毛を行ってくれるディオーネについて、気になる料金や店舗所在地は以下の通りです。

年齢 価格
3歳 180,000円
4歳 200,000円
5歳 220,000円
6歳 240,000円
7歳 260,000円
8歳 280,000円
9歳 300,000円
10歳 320,000円

※全身脱毛の料金になります

全身となるとそれなりの金額になり、医療脱毛の大人料金とほとんど変わらない料金設定になっています。

そして、こちらが全国にあるディオーネの店舗になります。

エリア 店舗名
北海道・東北 札幌駅前店、青森店、仙台店、秋田駅東口店、会津若松店、須賀川店
北陸・甲信越 新潟けやき通り店、上越鴨島店、富山店、甲府店、長野東口店、飯田店、南箕輪店
関東 新宿本店、南青山店、北新宿店、新宿店、上野不忍通り店、錦糸町店、自由が丘店、渋谷店、渋谷新南口店、恵比寿店、銀座数寄屋橋店、神宮前原宿店、池袋東口店、池袋サンシャイン通り店、池袋西口店、六本木店、麻布十番店、目黒店、下井草店、吉祥寺店、秋津店、国分寺駅前店、町田店、八王子駅前店、立川店、横浜駅西口店、横浜駅鶴屋町店、横浜港南台店、川崎店、武蔵小杉駅前店、溝口店、湘南藤沢店、中央林間店、海老名店、松戸店、佐倉店、さいたま中央店、所沢小手指店、深谷店、坂戸若松店、佐野店、つくば店
東海 浜松駅前店、静岡富士店、御殿場店、三島店、名古屋本山店、名古屋大曽根店、名古屋駅前店、金山駅前店、栄店、名古屋栄南店、名古屋みなと店、豊橋店、岡崎店、一宮店、半田店、春日井店、豊田店、安城店、稲沢店、東海店、多治見店、岐阜店、美濃加茂店、四日市駅前店、三重鈴鹿店
関西 新大阪店、心斎橋店、大阪福島店、上本町店、なんば店、天王寺店、梅田店、本町店、岸和田店、茨木店、箕面店、東大阪店、八戸ノ里駅前店、京都河原町店、京都円町店、四条烏丸店、西院駅前店、京都六地蔵店、垂水駅前店、三宮駅前店、神戸三宮店、姫路駅前店、芦谷駅前店、尼崎店、西宮北口店、東加古川店、奈良高田市駅前店、草津店、大津駅前店、和歌山店、和歌山けやき通り店
中国・四国 岡山駅前店、岡山倉敷店、山口店、高松サンフラワー通り店、宇多津店、松山店
九州・沖縄 都城店、鹿児島天文館店、鹿児島鹿屋店

これだけ拠点があれば東京都内以外にお住まいの方でも通いやすくなっていますね。

ここまで、小学生の脱毛におすすめな脱毛サロン、ディオーネについて、その施術内容や料金についてみてきました。

月に1回でも通うのに苦労する、忙しくて脱毛サロンに通うことができないなどといっ場合、自宅で脱毛してしまうという選択肢もあります。

自宅で処理するなら家庭用脱毛器ケノンもおすすめです。

あなたがもし、物理的・時間的な問題などで、脱毛サロンに通うことができない場合、自宅で脱毛するという選択肢もあります。

共働きの家庭も多いですし、何かと忙しいので、子どもを連れて脱毛サロンに通うのはやや手間がかかります。

そんな方におすすめなのが家庭用脱毛器のケノンになります。

  • 楽天の家電売り上げランキング(2012年〜2016年)で5年連続トップ
  • 楽天の脱毛器デイリーランキング1962日ずっと1位(2017年5月5日の時点)
  • 楽天で発売以来280週連続で売上トップ

このように、数々の実績がある商品で、そのレビュー数も8万件を超えています。

また、数多くの女性誌に取り上げられているので、あなたもご存知かもしれませんね。

この脱毛器ケノンは、日本人のために開発された家庭用脱毛器で、ISO9001を取得している工場で製造されているので、品質にも安心感があります。

その他、ケノンには以下の特徴があり、1台あれば家族全員が脱毛できてしまうというメリットもあります。

  • 照射が10段階調節
  • 照射回数の残量がディスプレイに表示される
  • 照射面積・パワー・スピードのすべてが家庭用脱毛器最高・最速級
  • 専門のカスタマーセンターがある

特に照射を10段階調節できるのは痛みに弱い子供にはぴったりです。

でも、脱毛器は少々お値段がはるので、できればもっと安く脱毛したいという方に多いのが、除毛クリームかと思います。

家庭用脱毛器よりも手軽に入手することができ、簡単に除毛ができるのですが、除毛クリームはおすすめできません。

除毛クリームは一時的な効果だけなのでおすすめしません。

自宅でムダ毛を処理するのであれば、除毛クリームという方法もあり、家庭用脱毛器よりも気軽にできますが、一時的な効果のみですのでおすすめできません。

その他、除毛クリームのメリットとデメリットを比較してみました。

メリット デメリット
カミソリよりも手軽 肌へのダメージが大きい
除毛効果が10日程度持続する 再び毛が伸びてくるので根本的な解決にならない
仕上がりがツルツルになる 意外とコストがかかる
痛みや出血がない アレルギー性皮膚炎を起こす可能性がある

これらを踏まえて考えていくと、カミソリよりも除毛クリームのほうが手間の面ではかからず、その効果も長持ちすることが言えます。

ただ、問題なのが肌へのダメージです。

前述しましたが、子供の肌は大人の3分の1の厚さなので、ほんの少しのことでダメージを負ってしまいます。

カミソリや除毛クリームを使用したことがある方ならわかると思いますが、大人でさえも少しヒリヒリしてしまいます。

また、除毛クリームに含まれるアルカリ性の薬剤が、皮膚の表面を溶かしてしまうので、肌が弱い方や、子供にはおすすめできません。

お子さんの肌のこと一番にを考えると、やはり除毛クリームはデメリットのほうが多く、おすすめできません。

まとめ

今回は、子供の医療脱毛について調査してきました。

子供への医療脱毛は、レーザーによるやけどのリスクや、毛の生え変わりの周期が安定していないという理由などもあり、大手のクリニックでは独自の年齢制限を設けています。

大手クリニックの場合、年齢制限は14歳~16歳で、それ以上の年齢であれば施術を受けられるという結果になりました。

そして、子供の医療脱毛について1番疑問なのが、子供が痛みに耐えることができるかどうかになりますが、やはり痛みに耐えるのは難しそうです。

そもそも子供は大人の約3分の1の皮膚の厚さなので、大人よりも痛みを感じやすいのは当然で、さらに、医療脱毛は部位によって大人でも涙目になるくらいの痛みがあります。

これらを総合的に考慮すると、子供は医療脱毛レーザーの痛みに耐えることができない可能性が高いといえます。

推測ですが、ひょっとするとこの痛みが原因で、年齢制限を設けているクリニックがあるのかもしれません。

また、今回、併せてキッズでも受けることができる医療脱毛クリニックを調べてみましたが、その数はかなり少ないといった現状で、問い合わせなどを行ってみましたが、明確に「○歳から施術が可能」という返答が得られませんでした。

そしてもし仮に、子供への医療脱毛が可能なクリニックで施術を受けた場合、途中で子供が「やっぱり痛いから脱毛をやめたい」と言い出したら、残りの料金などはどうなるかについても調べていきました。

調べてみると、医療脱毛は医療行為になるので、クーリングオフが適用されない(つまり料金は返ってこない)という結果です。

これらのことを考慮し、それでも子供に脱毛を受けさせたいという方には、脱毛サロンをおすすめします。

特に脱毛サロンディオーネは、3歳から脱毛を受けることができ、全国に拠点も多くありますので、当サイトでおすすめしている脱毛サロンとなっています。

ディオーネでは、ハイパースキン脱毛という36℃〜38℃の温度で脱毛を行う脱毛機器を使用しており、痛みがほとんどなく、お肌にもダメージが少ないのが特徴です。

施術は1ヶ月に1回ぐらいのペースで通えばいいので、忙しくてもそれなりに都合はつけれそうなペースかと思います。

しかし、忙しくて月に1回も通うことができないかもしれないという方の場合は、自宅脱毛器を使用するという方法もあります。

当サイトでは数ある脱毛器の中からケノンをおすすめします。

発売以来、楽天市場で売上トップを5年(2012年~2016年)キープしていたり、レビュー数が8万件を超えるなど、かなり人気の家庭用脱毛器になります。

1台あれば家族全員で脱毛することができるように、照射レベルを10段階調節できるようになっているなど、肌の弱い方でも使用することができるように配慮してあります。

また、自宅でもムダ毛処理としてカミソリや除毛クリームを使用するという選択肢もありますが、子供の肌のことを考えるとおすすめできません。

特に除毛クリームは、アルカリ性の薬剤を含んでおり、その薬剤が皮膚を溶かしてしまうので、肌トラブルになりやすくなっています。

これらを総合的に考えると、脱毛サロンか、家庭用脱毛器を選択することがベストといえます。

やはり大切なお子さんですので、できるだけ肌トラブルがなく、安全かつ効果がある脱毛方法を選択してあげたいものです。

口コミを投稿する

この記事へのコメントはありません。

投稿する