1. ホーム
  2. 部位別脱毛
  3. ≫生理中のデリケートゾーン脱毛!当日突然生理が来たらどう対処すべき?

生理中のデリケートゾーン脱毛!当日突然生理が来たらどう対処すべき?

今回は、生理中のデリケートゾーン脱毛について、

  • 生理中に脱毛はできるのか?
  • 各脱毛サロン、医療脱毛クリニックの見解
  • 予約日の当日に生理がきてしまったときの対応

についてみていきたいと思います。

生理中だとデリケートゾーン脱毛をすべきでない理由

生理中のデリケートゾーンの脱毛について、結論を先にお伝えすると、生理中にデリケートゾーンの脱毛をするのはおすすめできません。

生理中のあなたの身体は、ホルモンバランスが崩れて不安定になっており、お肌が非常にデリケートな状態になっています。

このような状態でデリケートゾーン脱毛を受けてしまうと、

  • 痛みを感じやすい
  • 肌トラブルになりやすい
  • 脱毛効果が下がる可能性がある

という可能性があり、脱毛を受けることをおすすめできません。

痛みを感じやすい

生理中は、お肌が非常に敏感になっており、通常よりも痛みを感じやすくなってしまいます。

特に、デリケートゾーンに関しては、生理ではないときでも痛みを強く感じやすい部位になっているので、より一層強い痛みを感じてしまいます。

また、生理中にデリケートゾーンの脱毛をすると、痛みが増すだけではなく、お肌にとっても悪い影響を与えてしまいます。

肌トラブルになりやすい

生理中はホルモンバランスが崩れた影響で、肌荒れやニキビができてしまう方も多く、肌トラブルになりやすくなっています。

そのような状態のお肌に、脱毛の施術をしてしまうと肌荒れはもちろん、火傷の原因となってしまいます。

特にデリケートゾーンの場合は、脱毛した後の毛穴に雑菌が入ってしまう可能性も高いことから、生理中のデリケートゾーンの脱毛は避けておくべきです。

脱毛効果が下がる可能性がある

生理中は痛みや肌トラブルだけでなく、脱毛効果自体も下がってしまう可能性があります。

これは、毛周期(もうしゅうき)が安定しないことが原因となっており、毛周期(もうしゅうき)とは、毛の生え変わりのサイクルのことで、多くの脱毛サロンや医療脱毛は、この毛周期に合わせて施術を行うことで効率的に脱毛を行なっています。

ところが生理中では、毛の生え変わりのサイクルが乱れ、効率的に脱毛をすることができないこともあり、脱毛効果自体を下げてしまうこともあります。

各脱毛サロン・医療脱毛クリニックの見解は?

ここまで、生理中の生理中のデリケートゾーン脱毛について、おすすめできない理由についてお伝えしてきましたが、各脱毛サロン・医療脱毛クリニックの見解はどうなのでしょうか?

大手の医療脱毛クリニックと脱毛サロンの見解をまとめてみました。

脱毛サロン 医療脱毛
サロン名 見解 クリニック名 見解
ミュゼプラチナム 生理中はデリケートゾーンのお手入れはできません。 リゼクリニック 生理中のVIOとお尻の施術は衛生上できかねます。
キレイモ おしりとVIO以外の施術は可能。 湘南美容外科 タンポンを使っていれば施術を受けることが可能。
銀座カラー おしりとVIO以外の施術は可能。 アリシアクリニック VIO以外は施術を受けることが可能。

表をみていただくとわかるかと思いますが、脱毛サロン・医療脱毛のほとんどが、生理中のデリケートゾーンの脱毛を受けることができず、唯一、湘南美容外科のみタンポンを使用するという条件付きで施術を受けることができるという結果になりました。

やはり、生理中のデリケートゾーンの脱毛はほとんどの施設で受けることができないので、必ず事前に確認しておくことが大切です。

生理中の各脱毛サロン・医療脱毛クリニックの見解が分かったところで、次に、もし整理によって予約をキャンセルしなければならなくなった場合、どのようなペナルティがあるのかお伝えしていきます。

キャンセル料や回数消化も?生理になったら予約をキャンセルしよう

あらかじめ生理日予測ができていたり、サイクルが分かっていればいいのですが、生理不順などで急に生理になってしまい、予約日に行けるかどうか怪しいということもあるかと思います。

そんな時は、すぐに施術の予約をキャンセルして別の日時で予約を取り直してください。

というのも、予約の当日キャンセルやドタキャンしてしまった場合は、ペナルティとしてキャンセル料や脱毛コースの回数を1回分消化されてしまうということもあるからです。

当日キャンセルの規約については各施設(医療脱毛・脱毛サロン)によって様々ですが、たった数分の電話連絡をしなかっただけで施術を受けられないだけでなく、回数も消化してしまうこともあります。(こうなると数万円の損です)

また、いま生理中だけど予約日には終わっているだろうという場合も注意が必要です。

生理中はデリケートゾーンの施術を受けることができないところが多く、万が一施術の当日になっても生理が終わっていなかった場合、施術を受けることができないこともありますし、生理の前後数日はまだホルモンバランスも崩れているので、お肌が敏感になっていたり、毛周期が安定していないので、生理日の前後は脱毛を受けるべきタイミングではありません。

生理が予約日の辺りとかぶってしまうと分かったら、なるべく早く予約をキャンセルして、別の日時で予約をとっておいた方が安心です。

突然の生理が脱毛日と重なった!どうすればいい?

誰でも経験があるとは思いますが、生理日予測をしていても突然に生理がきたり、予定よりも早くきてしまったりするケースがあります。

そしてそれが偶然、予約していた日程と重なってしまった場合、どう対応したらいいのでしょうか?

結論からお伝えすると、生理がわかった時点で正直に事情を話してみるしか方法はありません。

その場合はやはり、当日キャンセルやドタキャンと同じように、キャンセル料や施術1回分消化などのペナルティを受けてしまっても仕方がないかと思いますので、生理にはくれぐれも注意しておいてください。

前述していますが基本的に、生理日の前後数日はまだホルモンバランスが安定しておらず、お肌が敏感になっていたり、毛周期が安定しないので、対策としてはやはり生理日前後に施術を受けないようにスケジュールを調整する必要があります。

タンポンなどの生理用品をつかってもダメ?

生理中のデリケートゾーン脱毛に関して、脱毛を受けることができない理由としては、衛生面や、おりもので施設を汚してしまうということがあるからです。

そして、おりものに関してはタンポンなどを利用すれば汚してしまうことはないかと思いますが、タンポンを利用すれば脱毛を受けることができるのでしょうか?

結論からお伝えすると、一部の施設ではタンポンをつかっていれば脱毛を受けることができるというところもあります。

その点に関しては各脱毛施設で見解がことなっているので、脱毛を受ける前に必ず確認しておきましょう。

まとめ

今回は、生理中のデリケートゾーン脱毛についてお伝えしてきました。

生理中はホルモンバランスが崩れてしまう影響で、お肌が敏感になっていたり、毛周期が乱れてしまったりするので、脱毛を受けるべきではありません。

生理中に脱毛を受けることで、

  • 脱毛の痛みが増す
  • 肌トラブルになる
  • 脱毛効果が下がる

という可能性が高く、可能な限り避けておいた方がよさそうです。

そして、もし仮に生理が予約日と重なってしまい、当日キャンセルやドタキャンをしてしまった場合、キャンセル料や施術1回分を消化してしまったりなどというペナルティを受けてしまうことがあります。

もちろん、このペナルティについては各施設(脱毛サロン・医療脱毛クリニック)によって様々ですので、必ず確認しておいてください。

もし万が一、予約日当日に整理になってしまった場合は、すぐに連絡をして正直に事情を話すしか対応策はなく、あくまで判断は予約先の施設にゆだねることになります。

このケースでは、当日キャンセルと言われても仕方がないので、急な生理という場合でもキャンセル料や回数消化のペナルティを受ける可能性があります。

また、生理中だけでなく、生理の前後数日はやはりホルモンバランスが崩れてしまっているので、できれば前後数日を空けた、余裕を持ったスケジュールを組んでおいたほうがよさそうです。

そして、今回調べた6社の中のほとんどの脱毛サロン、医療脱毛クリニックにおいて生理中はVIOとお尻の脱毛を受けることができなかったのですが、唯一、湘南美容外科のみタンポンを使用すれば施術を受けられるということでしたので、基本的にはほとんどの脱毛施設で生理中のデリケートゾーンの脱毛は受けることはできないと思っておいたほうがよさそうです。

口コミを投稿する

この記事へのコメントはありません。

投稿する

全身脱毛ならココが安い