1. ホーム
  2. 脱毛準備
  3. ≫医療脱毛の麻酔効果は?麻酔クリームと笑気麻酔ならどっちがおすすめか

医療脱毛の麻酔効果は?麻酔クリームと笑気麻酔ならどっちがおすすめか

医療脱毛はレーザーを使用して毛根を破壊する方法が一般的ですが、施術を受ける前に気になるのが、施術の際の痛みについてかと思います。

痛みについては特に、デリケートなVIOや顔の部分への痛みを気にされる方が多くいらっしゃいます。これらの部分は皮膚も薄く、痛みを感じやすくなっている部分ですので、可能であれば痛みを感じることなくムダ毛を処理したいものです。

これらを踏まえて今回は、医療脱毛をする際に多くの方が気にする、施術の際の痛みについてと、痛みを和らげる麻酔のメリット・デメリットについて調べてきたいと思います。

医療脱毛で麻酔をすれば本当に痛くない?麻酔の効果は?

医療脱毛を行っている多くのクリニックでは施術の際の痛みを軽減するために麻酔を用意しています。

そして、医療脱毛の際に使用する麻酔は2種類あり、塗るタイプの麻酔クリームと、特殊な機械でガスを吸入する笑気(しょうき)麻酔があります。

冒頭でも出てきましたが、VIOや顔などの皮膚が薄いデリケートな部分の施術に関しては痛みに不安を覚える方も多く、1回目の施術の痛みが忘れられなかったという方も中にはいらっしゃいます。

そのような場合、別途料金が必要になりますが、施術前に麻酔をかけてもらうことで、痛みが和らぎ、痛みによるストレスを軽減して施術をスムーズに受けることができます。
では一体、医療脱毛がどれぐらいの痛みなのかというと、あくまで痛みの感じ方は人それぞれなので一概にはいえませんが、少なくとも耐え難い(痛くて施術を受けていられない)ほどの痛みにはならないようです。
そして、個人の痛みに対する感覚以外にも、使用する脱毛機器や、施術を行う際のレーザーの出力にも左右されるものです。
また、麻酔を使用して痛みが軽減することによって、施術時間の短縮につながります。
施術をする医師の技術にもよりますが、レーザーの出力を調整したり、人によっては施術した幹部を抑えてあげることで痛みを和らげてあげたりするのですが、患者さんの痛みに細かく対応していると、それなりに施術時間も伸びてしまいます。
麻酔をしたことによる痛みの軽減度合いには、大きく個人差があるため、一概にはいえませんが、どうしても痛みに耐えられそうにない場合は、麻酔を受けることによって痛みを和らげることができ(少なくとも耐えられないほどの痛みにはなりません)、その結果として施術時間の短縮につながります。
もしあなたが、痛みに弱いタイプと自覚されているのであれば、あらかじめ施術を受ける前(カウンセリング時など)に、相談しておくことで、その後の対応もスムーズにしていただけるかと思います。
また、途中で痛みに耐えられなくなった場合は、笑気麻酔のみ施術途中から使うことができるので、選択肢として考えておくといいでしょう。
麻酔クリームは塗ってから30分〜1時間程度時間をおかないと効果が出てこないため、施術を中断してから再度再開することは難しそうです。(クリニックによっては中断しても一回分消化することもあります)
医療脱毛の施術の痛みについては個人差や使用する脱毛機器、レーザーの出力などに左右されますが、「痛くて施術を受けられない」というわけではなさそうで、もし仮に痛みに耐えられない場合は麻酔を受けることで痛みを軽減することができ、その結果として施術時間の短縮にもつながります。
では、医療脱毛を受ける際に、麻酔を使う人はどれぐらいの割合でいるのでしょうか?

医療脱毛で麻酔ってどれぐらいの人が使っている?

これはクリニックによって様々ですが、大手クリニックのHPなどを確認すると、大体4割ぐらいの方が麻酔を使われているというところや、ほとんどいらっしゃらないというクリニックがあります。
この違いは、使用している脱毛機器の違いによるところが多くあり、最新の機器を導入しているクリニックほど麻酔の使用率は低くなっている傾向があります。
また、麻酔を使用する箇所についてはやはり、VIOや顔が多いようで、これらは他の箇所と比較して皮膚が薄くなっているため、どうしても痛みを感じやすい部分となっています。
では、VIO脱毛について、その痛みや麻酔が必要かどうか調べてみました。

激痛と話題のVIO脱毛は麻酔必須?

VIO脱毛はどうしても痛いイメージが多く、VIO脱毛をしたいけど、なかなか踏み切れないという方も多いようです。

ではいったい、VIO脱毛の痛みはどれぐらいのもので、やはり施術を受ける際に麻酔は必須なのでしょうか?

結論からお伝えすると、約半数以上の方が麻酔を使用せずにVIO脱毛を受けていらっしゃいます。

そして、痛みについてはもちろん個人の感覚、使用する脱毛機器、施術する方の技術(レーザーの出力)などによって大きく左右されるので、事前のカウンセリング時に必ずスタッフの方に相談しておいたほうがいいです。

もしあなたが施術の痛みに耐えることができなかった場合、笑気麻酔であればすぐに対応を受けることができるのですが、麻酔クリームになると、効果が出てくるまで1時間程度時間を空ける必要があります。

また、笑気麻酔と麻酔クリームの両方できるクリニックも限られてくるので、痛みに弱いと自認されているのであれば、事前に相談しておくことで、施術の際にレーザーの出力を落として施術してくれたりします。

ここまで、医療脱毛の麻酔の種類やその効果、どれぐらいの人が使っているかなどについてお伝えしました。

次に、麻酔のメリットとリスクについてみていきたいと思います。

麻酔クリームのメリットとリスク(副作用・危険性)

医療脱毛に使用する麻酔クリームのメリットとそのリスクについて調べてみました。

まずはメリットからお伝えすると、麻酔クリームはアレルギーがなければ副作用や危険性の低い麻酔になります。

アレルギーについては以前、薬や麻酔によるアレルギーが出てことがある方は、使用することができないこともあります。

この麻酔クリームは歯医者さんなどでも使用されることが多いため、過去にアレルギー反応が出た方などは使用することができないと思っておいたほうがいいです。

また、アレルギーがある、もしくは以前に薬や麻酔でアレルギー反応が出たことがあるという場合は、カウンセリングの時に必ずその旨を伝えておいてください。

そして、麻酔クリームのデメリットとしては、効果が出てくるのが30分~1時間後になるので、施術途中から使用することができないという点です。

ではお次に笑気麻酔のメリットとリスクについてみてきたいと思います。

笑気麻酔のメリットとリスク(副作用・危険性)

笑気麻酔は麻酔クリーム同様に、歯医者さんでも使用されている麻酔になります。

笑気麻酔とは、亜酸化窒素(N2O)と高濃度の酸素を混ぜた麻酔で、この麻酔を吸った患者さんが笑ったような表情になることから笑気と呼ばれるようになりました。

そして、まずはメリットからお伝えすると、笑気麻酔は副作用や危険性がほぼなく、血液からの排出も早いので、施術を受けた後でも早く回復します。

また、5分ほどで効果が表れるため、施術の途中からでも使用することができます。

その一方で、笑気麻酔のデメリットとしては、笑気麻酔にかかったその日中は運転や激しい運動ができないことが挙げられます。

ここまで、麻酔クリームと笑気麻酔のメリットとそのリスクについてお伝えしました。

次に、医療脱毛クリニックの麻酔の価格について調べてみました。

医療脱毛クリニックの麻酔価格一覧!無料対応クリニックもある?

医療脱毛クリニックで麻酔を使用する場合の価格について調べてみました。

早速ですが、主要なクリニックの麻酔の価格一覧になります。

クリニック名 麻酔クリーム 笑気麻酔
リゼクリニック 1回/3,240円 30分/3,240円
トイトイトイクリニック 3,240円 なし
銀座肌クリニック 1部位/1,100円
アリシアクリニック 1部位/1,080円 なし
湘南美容外科 1部位/2,160円 3,240円
レジーナクリニック 無料 なし
聖心美容外科 範囲によって異なるため要相談 なし
アルファクリニック銀座 1,080円~
ブランクリニック
マリアクリニック

特に目を引くのがレジーナクリニックの「無料」という内容です。

仮に1か所数千円だとしでも、回数を重ねていくとそれなりの金額になってしまします。

その点、無料でコミコミ価格になっていると料金については安心する必要がなく施術を受けられるかと思います。

口コミを投稿する

この記事へのコメントはありません。

投稿する