1. ホーム
  2. 脱毛準備
  3. ≫Vライン脱毛する前に【アンダーヘアの形のおすすめは?】

Vライン脱毛する前に【アンダーヘアの形のおすすめは?】

ショーツからはみ出るムダ毛を何とかしたいという方や、ムレなどによる衛生面についてなんとかしたいという方は多いのではないでしょうか?

もちろん、Vラインについてはカミソリなどで自己処理が可能ですが、自己処理だとケガをしてしまったり、思い通りのデザインにならなかったりするものです。

そこで、Vライン脱毛をすることにより、処理に手間がかからず、かつデリケートゾーンを清潔に保つことが可能になります。

そして、Vライン(つまりアンダーヘア)脱毛をお考えの方が悩むポイントは、

  • Vラインはどこまで処理するればいいのか?
  • どんな形にすればいいの?

という意見になります。

脱毛をしてしまうと毛が薄くなってしまったり、生えてこなかったりするので、Vライン脱毛をするのであれば、後悔(失敗)しないようにデザインは慎重に考えておかなければなりません。

そして今回は、Vライン脱毛について掘り下げていくのですが、その中でも特に、Vライン脱毛の失敗や、デザインの種類、そして気になるVラインに対する男性の意見について調べてみました。

Vライン脱毛したら黒ずみが目立つ失敗が多い?ハイジニーナには注意

ちょっとショッキングな内容ですが、Vライン脱毛をすることで、今まで毛で隠されていた地肌の黒ずみが気になってしまうようになったという方が多くいらっしゃいます。

黒ずみは色素沈着という現象で、ほとんどの方にあるものですが、きれい脱毛されたVラインに黒ずみがあるのは気持ちがいいものではありません。

こうならないためにも、事前にご自身で毛の奥の地肌をチェックしてみて、もし万が一黒ずみが目立つようであれば、ハイジニーナ(パイパン)はおすすめできません。

ハイジニーナ(パイパン)にしてしまうと、全く毛がない状態になってしまいますし、身体の中心部分になってくるので、人の目線がいきやすく、黒ずみが気になってしまうものです。

もちろん、肌のケアをすることで黒ずみを改善することは可能なのですが、肌のケアをしながら改善していくには毎日の努力とそれなりの時間がかかってしまいます。

また、Vラインについては黒ずみ以外にもニキビやできものといったトラブルも見逃せません。

普段のVライン処理がニキビを増やす!?

あなたのVラインの処理の仕方が、ひょっとするとできものやニキビを増やしている可能性があります!

Vラインの自己処理の方法として一般的なカミソリですが、このカミソリによってニキビができやすくなっている可能性が大いにあります。

というのも、カミソリでVラインを自己処理してしまうと、肌が傷ついてしまい、そこから雑菌が入って、ニキビやできものができやすくなってしまいます、

また、毛抜きで抜いてしまうという方も同様に、雑菌が入りやすくなっているので要注意です。

ここまで、Vライン脱毛をする際に失敗しがちな黒ずみやその他のニキビなどのトラブルについてみてきました、黒ずみが気になる方は全てのムダ毛をなくすハイジニーナはお勧めできませんが、ある程度形を残した状態でのVライン脱毛はデリケートゾーンを清潔に保つうえでもおすすめできます。

Vラインの形10種類を知っておこう!おすすめはトライアングル?

Vラインの形(デザイン)はサロンやクリニックによって多少違ってきますが、ここでは代表的な形をご紹介していきます。

オーバルとは、卵型・楕円型の形のことで、やや個性的かもしれません。

その名の通り、扇の形に処理をするものになります。

これはかなり個性的なアンダーヘアの形で、その名の通り、ハート形に残す処理の仕方です。星形に残すデザインがあるクリニックもあります。

縦に細いラインを入れるように残したデザイン。

 

Iライン(細長)のラインを太くしたデザインです。

その名の通り、四角く残したデザインで、こちらもやや個性的です。

 

やや小さめの逆三角に残したデザイン。

トライアングルミニよりも一回り大きな三角形に残したデザイン。

いわゆるパイパンというやつで、毛を全く残さないデザインです。

 

トライアングルよりもより自然な形で毛を残したデザイン。

ここまで代表的な10種類のVラインの形(デザイン)をご紹介してきした。Vラインの形と言っても多くの選択肢があると悩んでしまいますよね?

それをふまえて次に、結局どれが人気の形なのか、そして気になる男性の意見もチェックしていきたいと思います。

Vラインは結局ドレが人気なの?男性の意見もチェック

Vラインの形で人気なデザインや、男性の意見を調べてみました。

サロンやクリニックではトライアングルがやや多いようですが、やはりそれは好みによるところが大きいのと、とりあえず無難な形にしておこうという方や、ショーツから隠れる程度でいいかなという方が多いようです。

その一方で、男性の意見ではハイジニーナ(パイパン)が好きという方がいらっしゃったり、Iラインが好きという方もいらっしゃるので、好みは本当にわかれます。

ただ、男性の意見に共通して言えるのが、アンダーヘアに清潔感があるかどうか(ちゃんと処理しているかどうか)という意見です。

脱毛をしている時点で清潔感という面はクリアできているので、Vラインの形についてはご自身の好みかもしくは、パートナーの好みに合わせると失敗ません。

デザインを選ぶときは必ず、長期的にみてどのデザインが一番自身にとっていいのかということを判断するようにしてください。

では次に、Vライン脱毛のおすすめのサロンやクリニックを紹介していきます。

Vラインを自己処理するくらいならワンコインのミュゼがおすすめ

もしかしたらあなたはVラインぐらいいつも自分で処理しているから、わざわざお金を払ってまで処理しなくてもいいと考えていらっしゃるかもしれません。

考えていらっしゃるかもしれませんが、Vラインの自己処理が、肌を傷つけてしまうリスクや、ニキビやできものを増やしやすくしているのをご存知でしょうか?

冒頭でもお伝えしましたが、Vラインを自己処理することで、ニキビやできものだけでなく、肌の黒ずみ(色素沈着)を引き起こしてしまう可能性が高まります。

また、自己処理の方法はカミソリでムダ毛を剃るのが一般的ですが、またすぐに生えてきたり、形が思い通りにならなかったりします。

そのような手間と時間を考えると、脱毛してしまったほうが手間も時間も節約できますし、何より仕上がりがキレイになるのでおすすめです。

でも、脱毛ってけっこう料金が高いんじゃないの??

っと思った方に朗報です!

ミュゼプラチナムではワンコイン(100円)で人気の5つの部位を回数期間無制限で受けられる、びっくりするぐらいお得なキャンペーンが開催されています。

うで 背中 両ワキ Vライン
両ヒジ上

両ヒジ下

どちらか選択

両ヒザ上

両ヒザ下

どちらか選択

背中上部

背中下部

どちらか選択

あなたが満足するまで無制限に何回でも通うことができる!

そして、それ以外にも期間限定で様々なキャンペーンを行っており、2017年8月はなんと、両ワキ完了コースとVライン完了コースで脱毛をすると、さらに2ヵ所の脱毛が付いてくるかなりお得なキャンペーンを実施しています。

しかも!人気の部位の脱毛が4か所もできて、お値段はなんと300円という激安なキャンペーン価格となっていますので、Vラインは自己処理で十分だとお考えのあなたも、ミュゼのほうが断然お得ですので、かなりおすすめです。

Vラインのデザインにこだわるならプリートをおすすめする理由

もしあなたが、今回ご紹介した10種類のVラインの形以外にしたい場合、VIO専門の脱毛サロンであるプリートがおすすめです。

VIO専門にやっているサロンということもあって、デザインやアフターケアについて非常に充実しています。

デザインについては、標準で9種類あり、その他のデザインにつてはカウンセリングに相談することで、あなたのこだわりにぴったり合ったデザインに仕上げてくれますし、オリジナルのアンダーヘアカタログもあるので、Vラインの形にこだわりたい方には非常におすすめです。

また、デザイン以外にもVラインの施術範囲が一般的なサロンと比較して広く、ボクサーパンツの範囲まで標準料金で脱毛をしてくれます。

ボクサーパンツの範囲とは、具体的には骨盤周り全体から太ももの付け根にかけての部分で、プリートではそこまで施術をしてくれるので余計な追加料金の心配もありません。

また、アフタ―ケアについて、黒ずみが気になる方には、美白集中オーダーパックという肌のターンオーバーに必要な成分を浸透させ、黒ずみを改善するサービスもあります。

VIO専門にやっているサロンだけあって、サービス内容は非常に充実していますので、Vラインにはこだわりたいという方にはプリートがおすすめです。

Vラインを含めて全身脱毛するならキレイモ

Vラインだけでなく、Vラインを含めた全身脱毛をしたいという方には、キレイモがおすすめになります。

キレイモの店舗はどれも駅チカで、全国18都市にサロンを展開しており、主要な都市は抑えてあるので、通うことができる方は多くなるかと思います。

そして、通う方が多くなってくると問題なのが、予約が取れないというもの。

その点、キレイモは施術を1回で全身行うため、通う回数を少なくし、その分予約が取りやすくなっています。

また、21時まで営業していたり、24時間予約を受付てくれているのは社会人などにとってはかなりありがたいのではないでしょうか?

そして、キレイモの月額プランではVラインだけというのはありませんが、回数制限がなく、あなたが納得がいくまで施術を受けることができます。

それらを踏まえて、キレイモの料金は以下の様になっています。

スリムアップ脱毛 プレミアム美白脱毛
月額9,500円 月額12,800円

では次に、医療脱毛のおすすめクリニックを紹介していきます。

都内の医療脱毛でVライン脱毛するならレジーナクリニック

都内の医療脱毛でVラインを脱毛すのであれば、レジーナクリニックがおすすめです。

  • 脱毛料金以外の追加料金なし!
  • 脱毛機器は最新のジェントルレーズプロを使用している

現在、レジーナクリニックは都内に銀座本院、渋谷院しかありませんが、最新の情報だと、2017年は渋谷院に次いで、名古屋、銀座2号院、福岡院、新宿院の開業を予定しており、2018年中に10院まで拡大してく方針とのことです。

渋谷院オープンの背景には、あまりの人気ぶりに予約が殺到しているからという理由があるそうですので、これからどんどん大きくなっていく可能性があるクリニックになります。

それを踏まえて、レジーナクリニックの脱毛料金は以下のようになっています。

プラン 施術内容(5回) 料金
VIO脱毛セット VIOすべて部位の脱毛 89,000円

VIOの部位別の料金はこちら。

部分 部位 1回(税抜き) 5回(税抜き) 5回コース追加分(税抜き)
VIO Vライン 15,000円 45,000円 7,500円
Iライン 15,000円 45,000円 7,500円
Oライン 13,000円 39,000円 6,500円

そしてここで、医療脱毛について1つだけ注意していただきたいポイントがあります。

それは、医療脱毛になるとほぼ永久脱毛(つまり二度と生えてこない)になってしまうので、Vラインの形については後悔することのないように、十分に考えてから施術を受けるようにして下さい。

では次に、都内以外の医療脱毛でおすすめなクリニックをご紹介していきます。

都内以外の医療脱毛でVライン脱毛するなら湘南美容外科

都内以外の医療脱毛でVラインを脱毛するのであれば、湘南美容外科がおすすめです。

なんといっても圧倒的な店舗数を誇るクリニックなので、通いやすくなっています。

主要都市や主要なターミナル駅の近くの立地なので、多くの方が通うことができるように配慮してあります。

また、安心保障制度という施術に対する保証制度を設けているので、安心して治療を受けることができますし、規模が大きいので実績も多くあります。

そんな湘南美容外科でVライン脱毛を受ける際の料金は以下の通りです。

1回 3回 6回 9回
Vライン 6,070円 17,410円 28,750円 39,280円

湘南美容外科も医療脱毛になるので、Vラインの形で後悔しないためにも、デザインについてはしっかりと打ち合わせておきましょう。

Vライン脱毛まとめ

今回は、Vライン脱毛について、Vラインの形や気になる黒ずみに関するトラブルなどについて調べていきました。

普段のカミソリでの自己処理が実は黒ずみやニキビの原因になっており、Vライン付近の黒ずみが気になる場合は、Vライン脱毛をする前に毛をかき分けて地肌の色を確認しておいて、黒ずみがひどい場合はハイジニーナ(パイパン)を避けることをおすすめしてきました。

そして、Vラインのデザインはクリニックによって様々ですが、トライアングル、ナチュラルあたりが無難なデザインではありますが、男性の意見ではハイジニーナ(パイパン)が多かったり、Iラインが好きという方もいらっしゃるように、意見が大きく割れますので、あなたのお好みでデザインを決めるか、パートナーの好みに合わせる方が失敗が少なくなります。

そして、Vライン脱毛は高いし、自己処理で十分だとお考えの方には、まずはワンコインという激安価格でVライン脱毛ができるミュゼプラチナムがおすすめ。

また、Vラインのデザインにこだわりたいという場合には、VIO脱門専門のプリートがおすすめになります。

そして、Vラインだけではなく全身の脱毛をしたいとという方には月額制度で、あなたが満足するまで施術を受けることができるキレイモがぴったり合うと思います。

また、都内で医療脱毛を受ける場合には、最新の脱毛機器を取りそろえているレジーナクリニックがおすすめです。

そしてそれ以外の他府県の場合については、全国展開されている湘南美容外科が通いやすいだけではなく施術に関する保証もついているので、安心して施術を受けることができます。

口コミを投稿する

この記事へのコメントはありません。

投稿する